防犯対策が強化されている宅配ボックスが便利

一方で、昼間不在の家庭が共稼ぎ世帯が増えており多くなったために、スムーズに宅配便の受け取りがいかないという事態が起こってます。「宅配ロッカー」「宅配BOX」とも呼ばれています。

 

という事で双方にメリットがあります。それに、荷物を宅配ロッカーに預けた際に出てくるレシートを宅配業者は受け取り、受領印の代わりに持ち帰る。

 

マンションの設備としてこうした今の状況を受け、宅配ボックスが注目されるようになりました。通信販売の主流化、別途インターネットショッピングの激増が背景には、考えられます。

 

宅配ボックスに宅配業者は荷物を入れて施錠をし、荷物を受取人宅に宅配ボックスに預けた事を知らせる紙やロッカーの鍵を入れておく。受取人が留守の時に宅配ボックスは、宅配業者が荷物を預けておく装置の事デス。

 

このことから時間を気にせず出かける事ができますネ。宅配便が自分の都合のよい時に受け取れる宅配ボックス。

 

不在時に宅配ボックスが設置をされてれば、宅配便が届けられても、宅配ボックス内に預ける事ができるので、早朝でも深夜でも居住者は、都合の格好時に荷物を受け取ることができ、大変便利になります。年々宅配便の取扱量は、増加してると言われてます。

 

マンションには現在でははずすことができない設備であるといえましょう。受取人は留守にしていても荷物を受け取る事が出来、荷物を預けることで宅配業者は配達漏れが減る。