防犯対策が強化されている宅配ボックスが便利

帰宅した後に再配達の連絡しなくてもすむ事、プライバシーやセキュリティなどの面でも直接的に対面しての受け取りでは皆無ので安心な事、などが純良点といわれています。留守にしていても荷物を受け取ることが可能です。

 

良好点として電気関連の故障やメンテナンスなど諸経費も不要なのも挙げられます。ちなみに、ボックスの大きさもノーマルなタイプだけでは無く、細身なタイプもあります。

 

扉の開閉方向の設置場所によって、選択することができる商品もみられます。戸建住宅に設置場合を考えてみたところ、配線工事が「機械式」は不要なので、比較的簡単に設置をする事が可能。

 

戸数に合わせて設置する集合住宅用と1個または2個のボックスを組み合わせた戸建住宅用とがありますが、比較的最新分譲マンションにお住まいの方であれば、間違いなく御馴染みの共用設備かもしれません。不在時に配達される宅配便などを一旦保管、宅配ボックスは、宅配ロッカーなどとも呼ばれ、後で受け取ることができるもの。

 

宅配ボックスは、ダイヤル錠などにより扉の施解錠を行う「機械式」と機能的に分類すると、外部の電源をつかって扉の施解錠をする「電気制御式」があり、「機械式」には、作動を電池などを利用してさせるものも含まれます。画面での操作とか音声ガイダンスなどで「電気制御式」は、使い方も簡単なものも出ていますし、セキュリティシステムとの連動も可能なタイプもみられます。

 

形状としては、専用のスタンド(ポール)に設置のタイプ門塀などに埋め込むタイプや据え置くタイプなどがあります。